雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ 久しぶりに映画みた
[ 映画 ]
ボーン・アルティメイタムを見た。
今でのボーンシリーズの最終作品となるようだ。

感想をザクッとだけ書くと・・・
とっさに判断して行動できる頭脳と、それを実行できる肉体と
体力が素晴らしいね。
それにやっと自分の記憶を取り戻せたボーンが見せた人間らしさ
が一人のヒットマンを救ったのう。
ラストの締め上げがアッサリしすぎたのにはがっかりだな・・・

それにしても・・・
追っ手のCIAがあんなに派手に他国でドンパチしてもいいんかな???
author : とらすけ | 20:48 | comments(0) | - |

▼ エピソード3試写会
[ 映画 ]
パンフレットの裏面ドアップ!
スターウォーズ エピソード3 〜シスの復讐

国際フォーラムでの試写会を見てきた♪
入口でカッコイイ袋もらうと中にはパンフレットをはじめ
スポニチの号外、クローンのお面、その他いろいろな物が
たっぷり入っていた。

今回はデジタル編集されてフィルムを使っていないとか?
映像も立体感溢れているので、前の席だったからのめりこむ
感じで戦闘シーンの迫力凄い!
(途中、映像途切れてから画面が薄く曇った感じになっていた)

愛深きゆえにダースベイダーと化して行くアナキンの表情が
微妙に変化していく部分も見応えあるが、一番はオビ=ワンと
対決する部分だな…
あと、この作品はDVDで見るよりも映画館の大きなスクリーン
で見る事が絶対お薦め!!
(配給会社の回し者ではないけど…)

最後の場面は一番最初の作品(エピソード4)に上手く繋がって
おり、その合間の20年間分が今度テレビドラマにする話みたい。

今度ゆっくり時間ある時にエピソード1から6まで見てみようと
つくづく感じた位、仕上りの良い作品だった。
(数年後に全作品が3D映像作品として全世界公開計画も・・・)



*入るとスターウォーズキャラクターがお出迎え
ちょっと小さいダースベダー
author : とらすけ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

▼ ラジー賞
[ 映画 ]
米アカデミー賞の発表に先立ち、「最低の映画作品や俳優」を
選ぶ第25回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が26日
発表され、ブッシュ大統領が最低主演男優賞を獲得した。


本家のアメリカは時勢なども考慮して選んだのかな…?


マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏911」
で痛烈に批判された大統領は、最低主演男優賞のほかにライス
国務長官と共に最低スクリーン・カップル賞も獲得。


いろいろな賞があるんだね〜(笑)



「華氏911」ではほかにラムズフェルド国防長官が最低助演
男優賞、ブリトニー・スピアーズが最低助演女優賞を獲得した。

最低主演女優賞は「キャットウーマン」のハル・ベリーが受賞。
同作品は作品、監督、脚本を合わせて4冠に輝いた。


ハル・ベリーは本人自ら授賞式に出たらしいね。
朝のニュースでやってた。

しかし…4冠とは…作品作りに携わった関係者の心境はいかに?

日本の『きいちご賞』ももっとメジャーになれば面白いのに。
そうすりゃ、もっと良い映画を作ろうと頑張るかもね…

author : とらすけ | 21:49 | comments(2) | trackbacks(0) |

▼ きいちご賞
[ 映画 ]
アメリカの面白くない映画にあたえる賞の日本版が『きいちご賞』なる
ものらしい(笑)
ある週刊雑誌が特集組んでおり、様々な批評を集めてランク付ける。

選ばれた作品
1位 デビルマン(実写版) 理由 演技が大根
2位 キャシャーン     理由 歌手のプロモ宣伝的映画
  ・
  ・
  ・

けっこうキツイ批評だね〜(^^ゞ

なんと、観客興行記録更新しそうな『ハウル』もかなり悪い評価を
浴びせてる。

『声優がアンマッチ』『アニメが変』…

たしかに…今回の声優は???でした…

やっぱ、ジブリ作品は『紅の豚』が一番いい♪
author : とらすけ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

▼ ボーン・スプレマシー
[ 映画 ]
主演 マッド・デイモン

評価 ☆☆☆
(☆=1点 最高5点)

前作は『ボーン・アイディンティティ』
試写会のお付き合いで見に行った時の感想。

自分は前作を見ていなかったが、すぐに作品に解け込める面白さ。
前作で記憶を失った米国のスパイが愛する人とインドで過ごして
いたが、暗殺者が送りこまれて愛する人を殺されてしまう。

危機を脱したボーンはイタリアへ渡り、そこから以前自分が活躍した
各地を訪れ、記憶の断片と自分に関わりのある人物から話を聞きながら
記憶を取り戻してくる、という設定。


前作を見なくても話についていけたから面白かった。
ただ、話と関係ない場所が出たり、カーアクションは激しすぎてわかり
つらい部分もあったのがマイナス部分かな…

http://www.bourne-s.jp/
author : とらすけ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

▼ 試写会
[ 映画 ]
阪神観戦仲間から試写会のチケットが当たったので一緒に見に行かない?と
誘われた。
ま、タダだし人よりも先に見れるという部分がいいので一つ返事で受けた。

で、試写会会場に着いてみると…ホトンド女性ダラケダァ〜!
まるで六本木ヒルズのショップに来てしまった雰囲気…
これは場違いだぞ〜と、映画のタイトルを見ると『東京タワー』!
あぁ〜、黒木瞳とV6の岡田が主演という映画じゃん。
密かに黒木瞳ファンとしてはあんまり見たくないシーンが多い映画じゃない
ですか…
来てしまったのは仕方ない。見るとしようという事で着席。

公開前なので内容や評価は書き記せないな。
でも、ひとこと書くとしたら…










  映画館の時計をやたら気にしてしまった…
author : とらすけ | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

▼ パイレーツ・オブ・カリビアン
[ 映画 ]
主演 ジョニー・デップ

評価 ☆☆☆☆☆
(☆=1点 最高5点)

レンタルビデオで借りてきたのをダビングしたままお蔵入り…。
で、久し振りに出して見たら凄く面白かった。

まずは主演のジョニー・デップの表情豊かでコミカルな行動。
これには思わず視線がいってしまう。
そういや、以前スマスマでキムタクが真似していたな(笑)

次に航海シーンの壮大さ。帆船のスケールの大きさも合わせて
描かれているので気持ち良く見れる。

そして海賊たち。
1人1人に個性があるので大勢出てくるけど覚えやすかった。

でも、一番の見所は最後の剣での決闘シーンかな。
月の光と影の部分で身体が骨になったり復元したりとCGを駆使した
映像は圧巻だった。

最後の最後で猿が再び呪いの金貨を持ち出したから…2があるかな。
…おや、制作するみたいだな。
この面白さを潰したくないので、出来れば続編はいらないと思う。
(ターミネーター3は完全に不発作品だしね)
author : とらすけ | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) |

▼ ピンポン
[ 映画 ]
ピンポン(02年) 主演 窪塚洋介
個人的評価 ☆☆☆
(☆−1点 ★−0.5点  MAX 5点)

昨日は珍しくテレビ放映の映画を見た。
サッカーの後だったので、放映開始が遅いのも良かった。

窪塚洋介主演のペコの台詞回し(さんくれろ!)がなんとなく笑えるし、
ペコの親友スマイルのボソボソと喋るのもなかなか。
後は中村獅童の風間ことドラゴン・佐久間とか脇役の演技もよかった。

中でもキャプテン大田の天然キャラが映画を更に面白くしていたな(笑)

ストーリー・キャラクター案内は下記URL
http://pingpong.asmik-ace.co.jp/
author : とらすけ | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>