雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ 2月18日 対ヤクルト練習試合 宜野座
[ 2006 猛虎キャンプ ]
ヤクルト004 000 000=4
阪神  300 000 50x=8


【投手】

[ヤクルト]松岡−石堂−佐藤−宇野−本間

[阪神]杉山−藤川−久保田−ダーウイン−相木


この日は東京ヤクルトと名を改め、そして古田監督体制での初試合。
ここは昨年の覇者阪神タイガースが勝ち方のお手本を示してあげる
チャンスだ。

先制は阪神。ヤクルト先発松岡投手から鳥谷-赤星-シーツの3連打で
難なく1点ゲット!続く4番浜中選手もタイムリーが飛び出した♪
5番の今岡選手はサードライナーだったかな?でアウト。
6番桧山選手は四球を選んでこの日の打席はここで出番終了。
そして今年一番自分が期待している背番号31番の林選手が決めてくれ
ますタイムリー!!! これで3点目〜♪
8番の浅井選手はヤクルトバッテリーのお手玉とられてゲッツー・・・

この日の試合は録画で見たので随所しか放送なかったのが残念。
3回杉山投手は死球?でリズム崩したかな・・・5安打されて4失点。
特に宮本選手にはファウルで粘られた後の走者一掃タイムリーでやられた
から今季の課題ができたな。

4回に出てきた藤川投手は二段モーションからの変更もスムーズにいけ
たみたいで149キロの投球で3者凡退で片付けた。

試合は7回に今季のキーマンとなるチャンスで打つべき方々(浜中・林)の
タイムリーも飛び出して逆転に成功〜♪


この試合では1番鳥谷選手、2番赤星選手は機能したようだが・・・
今後の起用方法はどうするのであろうか?
また、浜中選手の返球も難なくこなしていたようなので、今年はライトの
ポジション争奪戦は激しい展開になるだろうね。

author : とらすけ | 18:06 | comments(0) | - |





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2006 >>