雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ ファーム選手権 対イースタン優勝チーム(ロッテ) 神戸
[ 2005 ウェスタンTigers ]
阪神 100 220 000=5
ロッテ020 002 30X=7


[投手]

(阪神)能見−金沢−前川−伊予野−牧野

(ロッテ)加藤−手嶌−成瀬−戸部−川井 


[勝利投手]成瀬

[敗戦投手]前川

[セーブ]川井


[本塁打]

(阪神)喜田1号
  
    林1号

(ロッテ)大松1号



負けちゃいました…
全ては7回裏の3連打が効いた…
前川〜精神面から鍛え直せ(-_-#)

初回から立ち上がりの悪かった加藤投手を攻めて1点先制したが、
こちらも能見投手が3回まではボール球が目立つ荒れた内容。
2回には大松選手に見事なツーランを浴びてしまう…

阪神も4回に2点、5回には喜田選手がライトにパカーンと一発♪
林選手はレフトにスポーンと一発放りこんで試合は決まったように
見えた。

だが、能見投手は6回に2失点…
ついに1点差に詰め寄られたが、金沢投手がピシャリと攻撃を絶ち
切った。

悪夢は7回…
2死まで取った前川投手がまさかの3連打で3失点・・・
相手を一気に勢い付けてしまった。

最後の9回には追い付くチャンスもあったのたが、筒井壮選手の
中途半端に止めたバットはスイング取られてゲームセット!

それにしてもロッテ野手のブンブン振ってくる積極的な打撃は
当たると大きな一撃となり、得点力に結び付いていた。
対する阪神の打撃は…中途半端が随所に目立った。

負けたけど、喜田選手・林選手の一発は未来のクリーンナップを
担ってくれる素質の一端を見た気分。
赤松選手のチームを引っ張る力を見せてくれたし、来季は上を目指
して奮起してもらいたい。

ただ・・・
残念なのは期待している桜井選手の守備力なのだが、このままでは
一軍昇格は厳しい…
今日一日の観戦だけでは判断難しいけど、上記3人と比較すると
攻守ともに輝いて見える部分が少な過ぎた。

ロッテの竹原選手と大松選手は将来パ・リーグを代表するスラッガー
になる素質があるね。
敵ながら見事だった。
author : とらすけ | 23:05 | comments(0) | - |

















 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>