雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ 4月2日 対ヤクルト2回戦 大阪ドーム
[ 2005 猛虎の戦歴 ]
ヤクルト000 000 010=1
阪神  304 200 00X=9


[投手]

(ヤクルト)坂元−佐藤賢−河端−吉川−上原

(阪神)福原−安藤


[勝利投手]福原1勝0敗0S

[敗戦投手]坂元0勝1敗0S


[本塁打]

(ヤクルト)ユウイチ1号ソロ


 今日は待ち望んでいた繋がる打線で大勝利☆

 初回と3回に一気に攻め込んで見ていて楽しかった。

 初回は2死からシーツ選手二塁打、金本選手四球で
  
 今岡選手がタイムリー2塁打で2点先制!

 続くスペンサー選手もタイムリー2塁打で1点追加!

 こうもヒットが続くと見ていて楽しい♪

 3回にはシーツ選手がヒット!金本選手は相手の拙い

 守備もあり3塁打でタイムリー♪

 これが金本選手記念すべき1500安打!

 しかもタイムリーで決まったし♪ 最高ですね〜(笑)

 この後もスペンサー選手2塁打タイムリー♪
 
 鳥谷選手にもタイムリー二塁打♪

 矢野選手も続くぜ、タイムリー♪

 気が付いたらこの回だけで4得点!!

 4回は赤星選手が2盗・3盗と足で魅せたね!

 これが金本選手のタイムリー、今岡選手の犠打になり
 
 2点追加で勝利は確信的に!!

 守備では初回に鳥谷選手の焦りで青木選手を内野安打

 にしていた…

 大事な守備位置だけに、やはり不安要素だなぁ。

 投げては福原投手が7回5安打無四球無失点と好投!

 真のエースはこちらでは? という内容。

 ただ、先発要員といわれた安藤投手が8回から登板。

 しかも代打ユウイチ選手にいきなりアーチ食らった。

 安藤投手の弱点は本塁打にされやすい点だな。

 試合後の監督インタビューでは、今日の安藤投手の

 登板は今後のための秘密と言っていた…
author : とらすけ | 20:51 | comments(3) | trackbacks(0) |


こんばんわっ
大阪ドーム行ってきましたぁ。
最高の試合でした!興奮しました〜☆わいわい
8回から安藤がでてきたのはほんと???でしたが…
飛ばないボールって今までやったら入ってるやろって
ボールでもみんな失速して選手もみんな首かしげてました。
が、安藤くんは簡単に一番深いところに本塁打…玉が軽いんでしょうか?
| サオリ | 2005/04/02 11:03 PM |
コメントありがとう。
たしかに安藤投手が出てきた時はテレビの前でも
『え?なんで?』と声が出てしまいました(笑)
結果は心配した通りかるーくホームラン打たれて
しまいました…

どういう考えがあってかの采配かは知らないけれど
先発と中継ぎ投手の調整方法は異なるから、安藤
投手も不安定になってしまうんでしょうね?

安藤投手の球と打者のタイミングが合いやすいから
出合い頭ホームランになるのかもね。
たしかに…少し軽いのかも
| とらすけ | 2005/04/03 9:42 AM |
やっぱりそうですよね〜!
先発と中継ぎとでは、調整違うやろうし、精神的に
もっていきかたが違いますよね。
安藤選手もかっくん投げしてもらいましょうか〜??
| サオリ | 2005/04/03 11:24 PM |











http://tigers0209.tblog.jp/trackback/17893






      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>