雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ 源義経 人物(平家一門編)
[ 日本史 ]
義経の話で欠かせない存在が平家一門。

ドラマにも何人か出ているのでそれらにピックアップ。

ただし、自分自身平家一門は学習していないので、源氏

一族よりかなり簡略な説明になる。(源氏贔屓だからさ)



桓武天皇の流れをくむ平氏

系統…桓武天皇の皇子で葛原親王の流れから2つの流れがあり、
    長子・高棟王の流れと、次子・高見王の流れがある。

高棟王の子孫は代々京の都に居を構えて公家となり、その子孫に
平清盛の妻となる時子と弟・時忠が出てくる。


高見王の流れは子の高望が平姓を名乗り上総介として関東地方に
住み付く。その子・国香や孫の将門の時代にはかなりの勢力を築き
あげていたと思われる。
高望の子から土肥・三浦・秩父・千葉・北条といった坂東平氏が
誕生し、各地に土着していった。
ただし、平氏一族による所領の争いで朝廷が乱を平定するために
源頼信・頼義親子を関東に送り込んだ後には河内源氏と東国の
藤原一族(奥州・藤原氏の祖先)に次第に勢力を奪われていった。


清盛の祖父・正盛の時代には伊勢付近や西国の勢力拡大に力を
注ぎ、伊勢平氏と呼ばれるようになった。
(平家とはこの伊勢平氏一門を指すらしい)

        −高棟王・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・略・・・・・・・・・・・・−時忠
       |                                     |−時子
       |                                     |−滋子
       |                                    (建春門院)
       |                                      *
葛原親王− −高見王−高望−国香−貞盛−維衡−(2代略)−正盛−忠盛−清盛
                  |       |             |
                  −良文    −維将(北条氏祖)   −忠正
                (坂東平氏祖)

************************************************************************

*
忠盛−清盛−重盛−維盛−六代(妙覚)
   |   |   |
   |   |    −資盛
    |    −基盛
   |   |
   |   −宗盛−清宗
   |   |
   |   −知盛−知章
   |   |
   |   −重衡
   |   |   
   |   −徳子(建礼門院)   
   |  
   −経盛−経正
   |   |
   |   −経俊
   |   |
   |   −敦盛
   |
   −教盛−通盛
   |   |
   |   −教経
   |
   −頼盛−為盛
   |
   −忠度



平清盛…伊勢平氏・平忠盛の長子として誕生。母は祇園女御。
      この祇園女御が鳥羽法皇より妻として授かったため、
      清盛は鳥羽法皇のご落胤とも伝えられている。

      
      家督相続後は一族相争う源氏とは異なり、一門の結集に
     力を注いで平家全盛の土台作りとなった。
     保元の乱では源義朝と組んで後白河天皇方につき、一門
     でも反発していた叔父・忠正を処罰した。
     一方の義朝は父をはじめ幼い弟まで全て斬罪を命じられた
     為、後白河天皇に離反しはじめる。
     一族の大半を失った源氏を追放する好機として、清盛は
     上皇となった後白河と画策して平治の乱を誘引する原因を
     作り、誘いに乗った義朝や反後白河一派の追討に成功した。


     後白河法皇の後ろ盾もあるが、清盛自身の政治力も卓抜して
    おり、平治の乱の後には昇進を重ね、権力を掌中におさめた。
    妻・時子の妹を後白河法皇に嫁がせて、生まれた皇子を皇太子
    とし、官位も武士では異例の従一位太政大臣まで昇りつめた。


     この時が平家全盛となり、一門はほとんど殿上人となり栄華を極めた。
    義弟・平大納言時忠の『平家にあらずんば人にあらず』発言は有名。
    たが、平家の専横が都の公家・庶民に反発をかいはじめる。
    

     一族が栄華を楽しむかたわら清盛は播磨・福原に港を築き、宋との
    交易に着手。そしていつしか福原遷都を夢にみはじめる。
    一門の流れをくむ皇太子は高倉天皇となり、清盛の息女・徳子を
    娶られて、外戚となり権威を維持していく。
    後年、生まれた皇子は安徳天皇となる。

  
     清盛の専横に不快感を持ち始めた後白河法皇は平家打倒の謀議を
   京・鹿ケ谷で企てたが、多田源氏・多田行綱の密告で露見。未遂に…
   法皇は断罪を逃れるが、謀議に加担した面々は粛清された。
   こうして益々平家不信は広まって行き、貴族だけでなく武士からも不満の
   声が出てきた。
   こうした声に耳を傾けない清盛は福原遷都を強行。しかし政治機能もまま
   ならず、木曽では源義仲、関東では源頼朝が挙兵しており、打倒平家の
   機運は高まる。
   清盛は嫡孫の維盛に源氏追討軍の総大将に任命し、現状の打開を図るが
   貴族化した平家軍は富士川の戦いで逃避敗退、倶利伽羅峠では壊滅的な
   打撃をうけて劣勢に…
   そんな渦中に清盛は高熱にかかり逝去した。(66歳)


平家盛…忠盛の次男。母は池禅尼。
      若くして官位も与えられており、兄・清盛に次ぐ勢力あったが、病没する。
      彼の容姿が頼朝に似ていることから池禅尼は頼朝助命嘆願したらしい。


平頼盛…忠盛の5男。母は池禅尼。
      頼朝の旗揚げ後、頼朝助命嘆願に力を注いだ過去もあり、一族の中から
      白い目で見られがちとなる。
      平家西国落ちには参加せず、平家滅亡後も所領安堵されて生き残る。

平忠度…忠盛6男。母は藤原為忠の娘。
      公家化した平家公達の中でも武勇を誇るが、一の谷の戦いで戦死する。
      (41歳)
      (ドラマに出るかは不明。でも、平家物語では欠かせない存在)

平重盛…清盛の長男。母は高階基章の娘。 
      同母弟に次男基盛がいる。(24歳で病没)
      性格は冷静沈着だが、文武両道の理想的な武者であった。
      清盛のサポート役として若くから戦陣に参加しており、保元の乱では従五位
      下を賜り、平治の乱では源氏の精鋭部隊とも互角に戦うが、悪源太義平に
      追い詰められて退避する。


      平家が実権を掌握してからは中核的な存在感を示し、内大臣にまで昇進。
      六波羅小松に屋形があったので小松殿とよばれた。
      反平家方の貴族とも互角に肩を並べるために、子息・資盛の牛車と摂政
      藤原基房の牛車が争い事を起こした時、資盛方が屈辱を受けたのに対し
      強烈な仕返しを行なったりもした。

     
      鹿ケ谷の謀議の折には、後白河上皇も幽閉しようとした清盛を「忠ならんと
      欲すれば孝ならず、孝ならんとすれば欲すれば忠ならず」諫言したのは有名。


      平家の屋台骨的で勢力的な活躍をしていた重盛だが、熊野詣の後に病に。
      出家して法名を浄蓮名乗るが間もなく逝去した。(41歳)


平宗盛…清盛3男。母は平時子(二位尼)。
      幼少の頃より文武に優れた二人の兄(重盛・基盛)と比較されると地味な存在。
      しかし、基盛・重盛・清盛と順番に亡くなったので平家棟梁となった。


      政治的にも卓抜した手腕はなく、武勇では弟の知盛や重衡にも劣る。
      一の谷の戦い後は讃岐・屋島に本陣を構えて軍を立て直し、知盛は壇ノ浦で
      兵力を整えて勢力を盛り返すが、義経に屋島襲撃されて敗退。
      壇ノ浦まで退却した宗盛は知盛と合流して再度勢力を整える。
      しかし、熊野水軍などで増強した義経軍と九州からは範頼軍に攻撃され、
      一時的には戦局有利に進めたが、潮の流れで逆転し壊滅した。


     一族が覚悟を決めて入水していく中、宗盛は潔くできず見かねた部下に落とされ
     るが、義経軍に救われた。
     その後は鎌倉に護送され、義経は腰越にとどめられたが宗盛は鎌倉で頼朝と
     対面。あまりにも助命懇願する宗盛に嫌悪感を示した頼朝は鎌倉から追放した。
     その後は義経と同行するが、途中近江国あたりで子息・清宗と斬首された。
     (38歳)

     (あまりにも武人らしくないので清盛の女児と交換された傘職人の息子ともいわれ
     ている)


平知盛…清盛4男。母は平時子(二位尼)。
      重盛亡き後は平家軍事全権の長となり、弟・重衡と共に兄・宗盛を補佐。
      雅やかな公達と化した平家の中でも武勇を尊び、宇治川の戦いでは源頼政を
      破り、近江・墨俣川の戦いでは源行家軍を敗退させた。


      父・清盛が甥の維盛を総大将にして関東・木曽と大軍を繰り出す中、知盛は
      西国平氏の取りまとめと京の守護兵の指揮にあたった。
      だが、関東・木曽で敗退してきた平家軍を立て直す間も無く、京に進撃してきた
      義仲軍を撃退できず、宗盛の西国落ちに従う。
      播磨で体制を立て直してから義仲軍と水島で戦い、これを撃退した。
      しかし、後に攻めてきた範頼・義経の鎌倉軍には奇襲されて敗退。
      壇ノ浦では甥・教経と水軍を率いて戦うが劣勢に…
      これまでと悟った知盛は碇を二つ身体に巻きつけて入水した。(33歳)

     (この入水シーンが歌舞伎・義経千本桜のクライマックスになる)


平重衡…清盛5男。母は平時子(二位尼)。
      一つ上の兄・知盛と軍の中核的な存在となる。
      1180年には反平家を唱えた南都・東大寺・興福寺を襲撃して焼き討ちした。
      また、墨俣川の戦いでは源行家軍を撃退し、従三位に任じられた。
      備中国・水島の戦いでは京から進撃してきた源義仲軍と対立し撃破した。
      だが、一の谷の戦いで捕虜となり護送され、焼き討ちされた南都の僧兵らに
      処罰された。(28歳)     
      

平敦盛…清盛の弟・経盛の3男。 無官大府。
      横笛の名手で名高く、一の谷の戦いで坂東武者・熊谷直実と一騎討ちして
      討たれる。(16歳)
      討ち果たした後、直実はあまりにも幼く、美しい少年公達を討った事に後悔し
      出家したとも言われている。

      (この部分は歌舞伎で持ち上げられているが、真偽定かではない。だが、
       ドラマに出て欲しい部分でもある)


平教経…清盛の弟・教盛の次男。 能登守。
      知盛に従い、四国・中国・九州地方の平家方軍事力をまとめあげる。
      平家の中でも一番の猛将とよばれ、屋島の戦いと壇ノ浦では義経を苦しめた。
      特に壇ノ浦では義経が八艘の船を飛び越えてまで逃げるような追い込みを
      行なうが、逃げられた後は源氏の武者2人を両脇に抱えて道連れ入水した。
      (25歳)

      (ドラマにはまだ出てこないが、絶対に出てきて欲しい武将である)


平維盛…重盛の長男。
      容貌はかなり美しく、桜梅少将と通称されるようになる。
      1180年に富士川の戦いで甲斐源氏の奇襲で水鳥が一斉に飛び立つ羽音で
      戦わずして逃げ帰り、祖父・清盛の逆鱗にふれた。
      1181年は墨俣川の戦いで源行家軍を撃退して小松中将となるが、83年には
      倶利伽羅峠の戦いで大敗し、平家都落ちの原因を作ってしまう。
      84年、西国落ちの平家方から密かに抜け出して熊野・那智にて入水する。
      (27歳)
      
      彼の長男・六代は平家滅亡後に捕らわれる。
      文覚上人に助命されて彼に師事し後に出家し妙覚と名乗る。しかし、源氏全盛
      の中に平家正統の嫡流が生存する事は危険視され、後年鎌倉に護送されて
      処刑されてしまう悲劇の人物となる。


平資盛…重盛の次男。
      特に功績は見当たらないが、建礼門院に仕える右京大夫との恋物語は有名。
      恋人を京の都に残し、壇ノ浦にて入水。(24歳)


平清宗…宗盛の長男。
      後白河法皇の寵愛をうけてなんと3歳で元服。
      壇ノ浦では義経軍に捕らわれ、父と共に鎌倉に護送された後、近江国にて
      斬首された。(15歳)


平時忠…清盛の妻・時子の弟。大納言。
      清盛とは別系統の平氏にあたり公家の色が強い。
      『平家にあらずんば人にあらず』と広言したことで人々の反発を買う。
      壇ノ浦まで随行するが捕虜となり、自分の息女を義経の側室にと工作したり
      して身の保全を図ったりするが、能登国に流罪されて生涯を閉じる。
      この出来事が後年の義経の悲劇に繋がることになる。


平時子…清盛の後妻。1171年には従二位に任じられ二位尼とよばれる。
      清盛の亡き後は安徳天皇の守り役として、平家一門の精神的な支えとして
      一族を率いて行くが、壇ノ浦では安徳天皇に『海の下にも都がございます』と
      なだめて一緒に入水した。(59歳)


平徳子…清盛の次女。
      高倉天皇のもとに入内し、安徳天皇の母となる。
      壇ノ浦にて入水するが、救助されて京にて出家し大原寂光院にて安徳天皇
      をはじめとした平家一門の菩提を弔う人生を送った。(59歳)

      *全国各地に水天宮があるのは安徳天皇を奉っている。
author : とらすけ | 14:48 | comments(1) | trackbacks(0) |


Appreciate if you could email me the link…interested and excited about the book….
| discount oakley m frame | 2013/07/20 8:04 AM |











http://tigers0209.tblog.jp/trackback/19644






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>