雑記録

シーズン中は観戦記
その他は色々な事を…
▼ 源義経 人物(北条氏と鎌倉御家人編)
[ 日本史 ]
ラストは鎌倉幕府の人物にスポットをあてる。


北条政子 1157−1225

伊豆の豪族・北条時政の長女。同母兄に宗時。
異母弟に義時・時房。姉妹は政子を長女に3人。
伊豆に流刑された頼朝と知り合い恋仲になる。


その時の話にこんな事があったそうな
当初、頼朝は北条時政の2番目の姫に好意を抱いていた。
ある日、頼朝は使者に北条の姫に恋文を渡すように依頼したが、使者が
『どの姫にお渡ししますか?』という問いに対し『一番綺麗な姫だ』と告げる。
その使者が一番と思ったのが政子であったので、恋文は意中の姫でなく
政子に伝わったという。


その頃には既に頼朝は伊東祐近の姫との間に男子をもうけており、そして
平家の監視役だった伊東祐親に追い出されて、男子は海に捨てられた過去が。
今度は当家かと、平家の目を恐れた時政は強引に伊豆目代・山木判官に政子
を嫁がせてしまう。
しかし、政子は目代屋敷を抜け出し頼朝のもとに帰ってきたので、時政も二人の
仲を認めざるをえなかった。
こうして頼朝は伊豆の北条氏の後ろ盾を得る事になった。


以仁王の令旨をうけてから頼朝と北条時政・宗時・義時らは伊豆目代屋敷を
襲撃して山木判官を討ち取る。(1180年)
その勢いで小田原の石橋山付近に布陣し、源氏にゆかりのある三浦一族の
参陣をまっていたが、連日の雨で三浦一族は足止めされてしまい、頼朝軍は
300騎で3000騎近い平家方の大庭景親と伊東祐親・梶原景時らの軍と
戦い敗北する。
この時、政子は1178年に生まれた長女・大姫とともに伊豆・走湯山の尼寺に
身を寄せており、夫や父・兄弟の安否を祈るばかりだった。
(政子の良き理解者だった同母兄・宗時は戦死してしまう)


梶原景時の手引きで九死に一生を得た頼朝は真鶴から走水に渡り、三浦一族
と合流して浦賀水道から房総半島に渡って、千葉一族をはじめとした坂東武者の
集結に成功し、2万騎近い軍隊を得る事ができた。
時政・義時父子は信州に逃げ延びてから甲斐源氏・武田氏・一条氏の協力を得て
再起を図っていた。


大軍を率いて鎌倉に凱旋した頼朝はここに居を構え、平家追討にあたる。そして
妻・政子を御台所として迎え入れた。
平家追討軍は範頼・義経兄弟に軍隊を預けてあたらせ、頼朝は鎌倉での政治
体制の確立に力を注ぐ。
1182年に長男・頼家、1185年に次女・乙姫、1192年には次男・実朝と、
子宝
に恵まれた。


1192年に頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府体制を整えていくのて同時に、
政子自身も北条一族の勢力拡大を行なう。
また、1195年には長女・大姫の後鳥羽天皇入内を図るために頼朝と上洛し、
後白河法皇の寵を得ていた丹後局と会談するが、大姫が亡くなり立ち消えになった。


1199年に頼朝が逝去し、嫡男・頼家が2代将軍になるが乳母であり、婚家でもあ

比企一族の力が強大になるのを防ぐため、将軍親裁権を13人の合議制に移行する。
1203年に頼家が重病になり、北条時政はある意味クーデターを起こす。
後継者として頼家の長男・一幡には関東地方28国を、弟・千幡(実朝)には西国3
8国
に地頭職を分割相続させた。
これに不満を持った頼家は病状回復後益々比企一族に身を寄せて行き、舅・比企能員
と共に北条一族を滅ぼす計画を練った。
これを憂えた政子は父や弟と謀議して、まず頼家の舅にあたる比企能員を謀殺。
そして比企一族の屋形を一気に襲撃してこれを全滅してしまう。
その時に頼家の妻・若狭局や幼い子供達(一幡と姫たち)も殺害された。
母の仕打ちに怯えた頼家は伊豆・修善寺に出家させられたうえ翌年暗殺された。


そして政子は一人残った子供実朝に愛情を注ぐ。(この時には乙姫も亡くなってい
た)
実朝は乳母も北条氏なので頼家のような事態にはならない。
だが、今度は父・時政が愛妾の牧の方の娘婿にあたる平賀朝雅を次期将軍にと画策。
これに対抗する為、政子は弟・義時と組み、時政と牧の方の一派を追放した。
後年、実朝は右大臣就任の時、鶴岡八幡宮の石段で頼家の次男・公暁に暗殺された。


自分の子供を全て失った政子は夫の築き上げた鎌倉幕府を維持する事に生き甲斐を
求め、後鳥羽天皇の幕府追討に対しては御家人の結束を訴える言葉はあまりにも有
名。
それにより尼将軍という称号も自然とついたようだ。


                 余談

頼朝の浮気には断固として許さない態度を示している事実も…

                  1.

頼家懐妊中に頼朝は以前から親交のある亀の前のもとにしばしば訪れた。
そして頼家出産後に彼女の存在を知った政子は激怒し、家臣に命じて
亀の前の住む屋敷を壊させた。
難なく逃れた亀の前はすっかり怯えてしまう。
またこれを知った頼朝は激怒し、屋敷を破壊した政子の家臣の髻を切り落とした。
反対に政子は亀の前を屋敷に匿った頼朝の家臣を他国に追放してしまった。


                  2.

頼朝と愛妾の間に男子が生まれた。
これを匿っていた家臣は政子にばれて逃げ出してしまう。
頼朝はなんとか鎌倉に戻そうとしたが政子の怒りは消えなかった。
そして根競べに負けた頼朝は伊勢の国に住ませるという事でこの件を手打ちにした。



             −大姫  −一幡
源義朝− 頼朝   |     |
        II−−−−頼家−-−公暁
北条時政−政子   |     |
             −乙姫  −姫3人
             |
             −実朝



北条時政 1138−1215

高望流平氏の一族。系統的には伊勢平氏に次ぐ大きな一門。しかし周囲の大庭や
伊東などに勢力をおさえられていった。
戦歴から保元の乱で鎮西八郎為朝とも戦った記録もある。


当初は頼朝と政子の仲には反対していたが、時流を見極めて行くうちに認め後見役
となる。そして鎌倉に滞在し頼朝の幕府体制確立の補佐役として、特に外交面や
朝廷との駆け引きなどで重きをなした。
義経追討の時は頼朝の代官として京に出陣。義経に組する朝廷貴族達の追捕に
専念した。
後白河法皇は義経の時と同様に自ら時政に官位を与えるが、時政はこれを固辞。
あくまでも頼朝の意向がない限り任官しない態度をしめした。
ここが義経と時政の政治力の差が出ている。


奥州征伐後、時政の地位は着々と地盤を固めていき不動のものになる。
そして頼朝死後は頼家の後見役としてさらに権力を強化。反北条色の強い御家人を
次々と粛清していく。
特に頼朝の威光を盾にしていた梶原景時の追放・比企一族の虐殺は哀れに近い。
畠山一族に関しては叛意がないのに一層されてしまう。


だが、時政自身も最後は娘・政子と息子・義時に将軍・実朝に対して叛意ありとして
執権職を解かれ、後妻の牧の方とともに追放されて隠棲の地で生涯を閉じた。



                          (北条)
平高望−国香−貞盛−−維将・・・・直方−時家−時方−時政−−宗時
              |                       |
              |                        −政子
               −維衡・・・(清盛につながる)       | 
                                        −義時 
                                       |                       
                                        −姫(源全成妻)
                           |
                                       −姫(足利義康妻)
                                       |
                                       −時房 


北条宗時…時政の嫡男。
       流人時代の頼朝に早くから支持を表明している。
       頼朝挙兵の折、率先して兵を率い伊豆の若武者達の指揮官となるが
       石橋山の戦いで戦死した。


北条義時 1163−1224

時政の次男。宗時・政子とは異母弟になる。
武将というより政治官僚色が強く、大江広元とともに鎌倉幕府体制作りに貢献した。
軍事面では頼朝が出陣する戦には必ず参加しており、頼朝の懐刀的な存在感がある。


頼朝死後は2代将軍頼家から将軍親政を合議制に移すなどして執権の力を強めて行
く。
時政失職後も和田義盛を排斥して軍事面の最高職も掌中に収めて北条一族の力を
更に強大にしていった。


実朝暗殺後は摂関家より公家将軍として九条頼経を迎え入れて将軍職を傀儡化した。
この将軍傀儡化の為に、実朝暗殺計画は義時が黒幕とされている。
その後、朝廷との対立が深まり幕府は危機を迎えたが姉・政子や大江広元の助けも
あって、嫡子泰時を総大将として承久の乱も勝利で収める事ができた。


晩年は不幸であり、後妻・伊賀の方と仲違いして毒殺されたという経緯もある・・・。
義時の流れが北条嫡流となり、義時の別称・得宗から北条得宗家とよばれた。
そして得宗家は幕府内でも、北条一族の中でも絶大な権力を保つことになる。
得宗家とは異なる系統の家の人間が執権になっても、絶対的な権力は得宗家が
維持していた。


   北条得宗家(得宗)

 得宗継承順 義時→泰時→経時→時頼→時宗→貞時→高時


時政−義時−−泰時−時氏−−経時
        |         |
        |         −時頼−時宗−貞時−高時
        −朝時(名越)
        |
        −重時(赤橋)
        |
        −政村
        |
        −実泰(金沢)
        |
        −有時(伊具)



鎌倉有力御家人


梶原景時  1140−1200

桓武平氏の流れを組んでおり、正式には『平景時』と呼ばれていた。
武士としては教養も深く、武家百人一首にも彼の和歌が選出されている。
石橋山の戦いでは平氏側として大庭景親と共に頼朝軍と戦い戦勝するが、
大庭とは仲が良くない部分と、平家の治世に見限りをつけていたので源氏の
嫡流である頼朝を逃す事により今後の縁を築こうと図った。
結果としては頼朝が関東平定に成功した事で景時の地位もぐんと向上した。


頼朝に登用されてからは他の御家人を監視、粛清する役目が多く、特に
目立つのは房総半島で2万騎をもって頼朝に参陣した上総広常を謀殺、
幕府発足後には頼朝異母弟・範頼を謹慎先の伊豆修善寺にて謀殺した。


平家追討の折には軍監として参陣。この時に戦術の意見違いで義経と反目。
これを鎌倉に讒言した事により、頼朝と義経兄弟の仲が修復不可能と言われ
ている。
事実この件も関係あるのだが、本当の兄弟仲違いの理由は後白河法皇に
よる人臣操縦力のしたたかさである。
頼朝は義経上洛事前に朝廷に鎌倉武士への直接任官を断っており、それを
逆手に取った後白河法皇が義経に半ば強制的に検非違使に任官した事が
兄弟反目の理由となっている。
(20歳後半の青年が法皇の目の前で任官拒否は普通出来ないよなぁ…)


このように人々をおとしめていった彼自身にも不幸が訪れる…
頼朝が亡くなり、2代頼家の補佐役となった。
そこでも頼朝の威光を盾として轟然と振舞うが、1199年に結城朝光を頼家に
讒訴するが、日頃から景時を良く思わなかった三浦義村・和田義盛をはじめ
鎌倉御家人66人の署名により、景時鎌倉追放が決定された。
そして鎌倉を追放された景時は駿河国付近で北条義時の差し向けた刺客に
よって斬殺された。



和田義盛   1147−1213

三浦一族の出身なので平氏である。『平義盛』が本名。
頼朝挙兵から参陣しており、武勇豪胆強力の持ち主といわれており、関東平定
の後には軍務を束ねる侍所別当(長官)を任じられた。
平家追討・奥州討伐でも軍功を挙げている。
頼朝死後は2代将軍頼家を見限り北条氏につくが、義盛の武力と勢力拡大を
恐れた北条氏は逆に義盛が謀反するよう挑発して戦を勃発させた。
和田合戦といわれるこの戦、最初は和田氏が優勢だったのたが、和田氏の
本家筋である三浦氏が北条氏に傾いたので義盛はじめ和田一族は敗死した。

この後、侍所は執権が兼務することになり北条氏は文武両方で最高職位を
世襲していくことになった。

(うちのすぐ近所に和田義盛別館跡地があり、今は有名な旅館になっている)



源頼朝の子供たち


長女・大姫 1178−1197

頼朝が挙兵前に北条政子との間に生まれた。
木曽義仲の長男・義高との悲恋話『清水冠者物語』で有名。

1183年には木曽義仲の嫡男・義高と婚約。これは婚約を名目に義仲から
人質として義高を鎌倉に連れてきた。
しかし、翌年には義仲と対立し殲滅したので謀反の疑いをかけて義高を殺害
しようとしたが、危機を知った幼い大姫が義高に告げて逃がす。
だが、義高は追っ手によって入間川付近で斬殺された。(義高は11歳)
この事を知った大姫は激しいショックをうけて精神的な病となり、父・頼朝には
一切心を開かなくなった。頼朝は大姫の嘆きを解きほぐすため討手の家臣を
処罰したが無駄だった。(この家臣も気の毒だ…)

その後、後鳥羽上皇への入内話もできたが、義高への恋慕が忘れられない
大姫は生涯精神的に病んで若くして死去してしまった。


長男・源頼家  1182−1204

頼朝が鎌倉に居を構えてから生まれた待望の男児。
正妻は若狭局。頼朝の乳母だった比企尼の息子・比企能員の娘。
頼朝死後に2代将軍となるが、頼朝の苦労を知らずに成長してきたため独裁的
政治を行ない、妻の実家である比企氏に肩入れして母方の北条氏を抑えこもう
としたため、母の政子に独裁権から合議制に移行された。
これを不満とした頼家は義父・比企能員と謀議して北条氏追討を計画したが
情報を先取りした北条時政が比企能員を法要と偽り誘い出して謀殺。その後は
比企屋形を襲撃して頼家妻子ともども比企一族を殺害した。
母・政子から出家隠居を命じられた頼家は修善寺に幽閉され、一年後に北条
義時の刺客に沐浴中に殺害された。


次男・源実朝 1192−1219

頼朝が征夷大将軍として鎌倉幕府を発足した時にうまれた。
乳母は政子の妹だったので、幼少時期の大半は北条氏の中で成長していった。
その部分が兄・頼家との違いであり、政子も特に愛情を注いでいたとみられる。
1203年に兄の後に将軍となったが、幼少のため政務は祖父・時政や叔父の
義時たちが任務していた。
そのため、武力・政治力にも乏しくなり、実朝自身も公家生活の雅な生活に身を
ゆだねていき、和歌・蹴鞠を楽しんだ。
特に和歌は秀逸しており、万葉調の和歌集『金槐和歌集』を残した。


一度は異国への渡航を募らせて大船を作らせたが座礁したため断念した。
(真偽定かではないが…北条氏が妨害工作したともいわれている)


1219年に右大臣昇進祝いと年賀を兼ねて鶴岡八幡宮を参拝したときに、兄の
次男・公暁に暗殺された。
この時、義時が供奉していたが途中で気分悪くなり早退しているので実朝暗殺
黒幕とも言われている。


一方、実朝の首を持参した公暁は三浦義村の屋敷に駆け込むが、義村に
殺害された。(この時、公暁は19歳)


義家以来、血で血を洗う一族対立を続けてきた河内源氏。
兄弟をことごとく粛清していった頼朝…
これで河内源氏嫡流は完全に絶えてしまった…。
源氏の嫡流は新田氏・足利氏とつながることになる。


河内源氏嫡流


経基−頼信−頼義−義家−義親−為義−義朝−−頼家
                              |
                               −実朝
author : とらすけ | 23:50 | comments(12) | trackbacks(0) |


 土屋宗遠の五代目 鎌倉御家人 貞包新左衛門尉
  
  現在は 佐賀県嬉野市塩田町 元 久間村の冬野と上久  間にあります。
|  吉 富 正 和 | 2006/02/17 1:00 PM |
コメントありがとうござます。

>私の先祖は、鎌倉御家人、貞包新左衛門尉で、土屋宗遠の五代の貞包です。
 平塚市土屋に土屋城址にお墓があり、大乗院です。
 九州、武藤豊前守資頼1226− 少弐豊前守資能1282−少弐と呼称 筑前右衛門 太宰少弐1230− 少弐豊後守景資1264−少弐豊後守1333 大友貞宗公の庇護を受けて、貞包と命名す。
 貞包新左衛門と名乗る1336.新田直義と戦う。
 貞包市兵衛 1351 千葉胤泰公に仕える。
 貞包新左衛門1402 千葉胤基公に仕える。
 貞包市兵衛 1402 千葉胤鎮公に仕える。大内持世・教弘    と佐賀県小城郡にて戦う。

ここまでご先祖が記録に残っているのは凄いですね。
自分の先祖は5代前までは住民台帳ありますが・・・
それ以前は口伝しか残っていないです。
| とらすけ | 2006/02/19 11:12 AM |
 平成12.7.5に貞包詠子様と、横浜の船上で偶然におあいいたしました。いろいろと話していたら、私と親戚とわかりました。
それも貞包さんの祖父を、私の父が仲人した方でした。


                佐賀県嬉野市久間村中通
    
                  吉 富 正 和
| yositomi | 2012/07/12 2:16 PM |

吉 富 正 和(貞包)
| yositomi masakazu | 2012/07/12 2:21 PM |

 佐賀県塩田町久間中通に
平成25年正月に行ってきました。
貞包雷太郎様の御墓にもお参り
して参りました。

  横浜市港南区

  吉富正和『元貞包』
| yositomi | 2013/01/11 5:03 PM |
I also wonder why South isn’t a part of Django yet. It’s fairly new, but works reasonably well, they should put it in contrib already, and only ever really need 2 commands.
| discount ray ban outlet | 2013/07/01 3:16 AM |
I enjoy the change in seasons, but yesterday’s drive in teh multiple snowstorms was a little much. I am looking forward to wintering in Hilton Head, SC.
| oakley store | 2013/07/19 10:21 PM |
東京の街中で散歩されてようである暴露は、明るい日差しに迎え、通りに沿って点在して花は、ファッションはあなたの側にある、美しい、エレガントretrogalleryのシッターに変換、それを楽しみにしています。
| セリーヌ バッグ 新作 2013 | 2013/07/25 7:22 AM |
かかわらず、普段着やなイブニングのあなたの試合のニーズを満たすことができます。
| ミュウミュウ バッグ | 2013/07/25 7:22 AM |
関連資料: - 10超-IN提案付きフラットサンダル - 夏のブラッククールな感じの衣装5法則
| エルメス ブレスレット | 2013/07/25 7:22 AM |
青上映と同じ純粋な白、淡い広がりのために滑らかで完璧なシルク、クレープや綿:バランスのとれた見事な印刷、ソリッドカラーのシンプルな輪郭を持つ女性のための衣服のシリーズを形成するために。
| ミュウミュウ 財布 | 2013/07/25 7:22 AM |
スタイルを選択するだけでなく、ほとんどの春の人気を見て服を着用したいのですが、またああ十分に明るいものキャンディーの色を選択してください!温家宝:地球上で10年の監査を占め、16キラー物理的に魅力的な徐暁のほとんど:数ヶ月物価安定は発展改革委員会の主な仕事であるダウン豚肉の価格包括的な改革パイロットWTOの承認を一時停止するには、原材料の中国の輸出は赤に違反を制限する判決を下した:私たちは、キャプチャする王岐山のスピーチアナリスト動向を読み違え謎の女性は柔らかい羊の人形の靴女性は柔らかい羊の人形の靴が大好き!愛する高騰ダークホースソフトで快適バレエシューズのように、快適な魅力的なタッチを感じることができるように上に置く。
| クロエ キーケース | 2013/07/25 7:22 AM |











http://tigers0209.tblog.jp/trackback/20608






    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>